開発向けのソフトウェアプロセストレーニング(SPD)の実施

いずれの組織にとっても、ヒューマンリソースは開発のための不可欠必要な要素であり、大きな役割を果たすといえるでしょう。 人的資源の重要性を意識しているVIetISソフトウェアは従業員能力向上を目的に、定期的なトレーニングプログラムを実施している。最近、社内育成の計画として、SPDプログラム(英語:Software Process for Developer)は行われている。 SPDプログラムは入社後6か月間以下の従業員、新入社員、プログラマー・テスター等正社員を対象に2016年7月に正式に開始された。

 

このプログラムの内容は下記のとおり、主な科目が7含まれている。

 

・VietISソフトウェアのプロジェクトへの参加に必要な作業スキル

 

・お客様にご提示して頂く要件定義理解&Q&A作成

 

・コードレビュー 単体テスト:ホワイトボックステスト

 

・単体テスト:ブラックボックステスト

 

・CM管理

 

・不具合マネジメントシステム

 

 

育成プログラムの内容は社内のマネジャーや専門家により作成・動画化され、VIETISの開発意図や戦略を基に、従業員に特化される。 育成の際、インターネットを利用し遠隔教育を行う講師の他、教室に出席し、いつでも支援できる親切な講師助手もいる。これにより、育成品質の確保に伴い、講師不足問題も解決できるようになる。

 

上記述べたように、このプログラムは7の科目から構成されるが、それぞれの科目は科目終了試験があり、従業員が超えるべき下限点数も設定される。この試験制度設定により、従業員の理解度や知識、さらに、育成の効果を確認することができるようになる。 ヒューマンリソースの開発、特に、社内育成が組織の発展促進に大きく寄与するのがよく理解しているVIETISは今後、従業員の要望に応じて、資格取得を目指す試験、専門能力検定の必修試験等を主催したり、従業員のある要求を満たすコースの開講をしたりする等より多い育成プログラムを展開する予定である。


オフショア開発ならVietIS Softwareへ
VietISはより高い品質の成果物をお届けするために、改善し続けています。