iOSトレーニングセミナー:Grand Central Dispatch(略語:GCD)

Grand Central Dispatch(略語:GCD)は導入されてから、利用者がどんどん増えてきたがそれの使い方やメリットに詳しいプログラマーは少ないだろう。並列処理はかなり難しくて、C言語で書かれたGCDのAPIはオブジェクト志向プログラミングとかなり異なることとの関連があるからである。IOS部のメンバーのスキルの向上をめざし、VIETISはGrand Central Dispatchをテーマにセミナを行った。マルチスレッドはIOSアプリ、特にモバイルアプリ開発するための重要な技術の一つである。このテーマはIOSプログラミング経験が豊富なVietIS Software社員のヴ・チュン・ヒエウさんに発表された。

 

 

1. GCD とは

GCDとはlibdispatchであり、IOS&OSX用マルチコア上並列処理を支えるアップルのライブラリである。 GCDは以下のようなメリットを持つ

 • GCDは複雑なタスクの処理を遅延し、バックグラウンドに未公開的に動作することによりアプリの反応性を上げられる。

• "locks & thread"に比べ、GCDのほうは並列処理模型をより簡単に提供し、不具合発生防止効果が高くなる。

• シングルトン等一般パターンに対して、GCDはより高い効果でコードを最適化させる。

 

2. GCDに関する主な専門用語紹介

・Serial &Concurrent

・Synchronous &Asynchronous

・Concurrency &Parallelism -Queue

 

3. GCDを用いるアプリの最適化

GCDを用いるスレッド用安全コードを使用することにより、アプリ最適化である。 例えば、GooglyPuffはまだ最適化されていないアプリであるが、以下の手順を経て最適化されるようになる。 dispatch_syncによりバックグラウンドのタスク処理 dispatch_afterにより複雑なタスク処理の遅延 Premature Popup修正 不具合処理 上記の内容によりGCDに関する知識を深め、IOSアプリ開発の円滑化ができれば、うれしいである。


オフショア開発ならVietIS Softwareへ
VietISはより高い品質の成果物をお届けするために、改善し続けています。