ベトナムメリット

ベトナムオフショア-競争力のあるコスト


ガートナーの分析によると、競争力のある人件費やその他経費を考慮すると、ベトナムは世 界で最も競争力のあるソフトウェアアウトソーシング先というポジションをキープしています。 ベトナムの人件費は中国の一流都市の約6割というデータもあります。

ここ数年の不動産供給の増加を受け、ベトナムでの事務所賃貸費は依然として低価格で す。これがベトナムの企業、特にオフショアサービス提供企業の経費削減につながっていま す。

ベトナムの豊かなIT人材


現在、ベトナム全国のIT技術者は約25万人ですが、強いICT工業国を目指すベトナム政府の プログラムの一環で、2020年までには52万8千人に増やすとしています。

また、ベトナム政府は2015年までに25万人のIT専門家と53万人のITエンジニアの研修を行 なう計画です。現在のところ、ベトナムには、ICTを学ぶ大学や専門学校が277校あり、2010 年ICT分野への入学者数は5万6338人に上りました。

ベトナムは、年少人口(平均年齢27歳)が多く、ベトナム人は勤勉で向上心が高いことでも知 れらています。ベトナム人の学生は度々国際数学オリンピック、情報オリンピックのトップ10に 入賞し、アジア太平洋ロボットコンテストでも数回優勝しました。

ベトナム -安定した政治経済


GDP成長率は2010年には6.9%を記録し、2015年には消費、投資、輸出の分野での急成長 により、7%に達すると予想されています。

政治においては、ベトナム共産党が一党制をしいており、政治は歴史的にみても非常に安 定しています。また、ベトナムは個人投資家からの多大な外国直接投資を受け入れる国で あり、国の堅実な経済成長を支えています。

ベトナム -高い文化的適応性


ベトナム独自の文化とは別に、古来よりベトナムの文化は長い年月をかけて、農業文明にお ける東アジア文化、隣国の中国文化と19世紀から導入された西洋文化という3つの文化から 多大なる影響を受けました。

地理的な理由もさることながら、多くの異文化、特にフランス、アメリカ、日本との長い歴史を 持つ関わり合いの結果、ベトナム人は外国の考えや価値観、習慣などを受け入れ、適応し ていく能力に長けています。

オフショア開発ならVietIS Softwareへ
VietISはより高い品質の成果物をお届けするために、改善し続けています。