Internet of Thingsという用語は1999年にケビン・アシュトンが初めて使ったとされ(Internet for thingsという表現を好んだとされる)、当初はRFIDによる商品管理システムをインターネットに例えたものであったが、スマートフォンやクラウドコンピューティングが広まり、この環境全体を表現する概念として転用されたIDCでは、IP接続による通信を、人の介在なしにローカルまたはグローバルに行うことができる識別可能なエッジデバイスからなるネットワークのネットワーク」と定義している従来型ソリューションとの違いは、汎用ハードウェアとオープンなSDx (Software Defined) により、市民開発が可能になったことという。また、IoTデバイスそのものよりかは、その先の効用・効果を生むことが重要となります。

VietISでは、お客様のニーズと最新のIoT関連技術を理解することで、我々のエンジニアはお客様のビジネスを理解し、IoTベースのモバイルアプリケーションとシステム開発をサポートします。

使用しているクラウドベースのIoTシステム

お客様事例のご紹介